ミニマリスト女子一人旅はリュックでOK。海外20日の持ち物一覧公開

ミニマリスト女子一人旅はリュックでOK。海外20日の持ち物一覧公開

こんにちは ものです。
普段使いの18Lリュックと無印のボディバッグで、20日間の海外女子一人旅をしてタイ古式マッサージとヨガを習ってきました。

LCCで重量制限7キロの壁に挑み勝利し、(トータル4kgでした)全荷物を機内持ち込みし、旅の間は軽い荷物での移動が快適すぎた!!!
ので、記事にします。
どなたかの参考になりますように。

この記事を読んで欲しい人
荷物を減らしたい人
ほぼ手ぶらの海外旅行で快適さを味わいたい人
タイ古式マッサージスクールの持ち物を知りたい人
現地で服捨てるの勿体無いな…
と思っている人

荷物一覧(総重量4kg)

衣類
着ていく服
👗538.5g
白シューズ
白半袖ブラウス
紺色ズボン
着圧ストッキング1(むくみ対策)
下着

リュックに入れる服
👚624g
圧縮袋
速乾Tシャツ(ヨガ兼用)✖️2枚
ボトムス(ヨガ兼用)
靴下1
下着3
ダウン(冷房対策)218g

衣類って1番かさばりますよね。
リュック内の空間を確保するため小さめの洗濯ネットに押し込みます。
服2枚に薄いジャージ1枚+下着ならちゃんと収まります。
でもなぜ洗濯ネットかって?
濡れてもすぐ乾くし、家にあったから!
昔は100円均一の圧縮袋を利用していましたが、カチリと固くてカバンに収まりきらない感じが苦手で…。
洗濯ネットだと隙間に収まるので重宝しています。海外で洗濯機を使うときも役に立つしね。
海外の洗濯機はパワフルなことが多いです。

持っていく服の量を減らすため、2泊3日以上お泊まりする場合は洗濯することにしています。
Tシャツの選別基準は薄くて軽くてすぐ乾くこと。
無印良品の速乾シャツはすぐ乾いて手間いらずです。

下着は着ていくものを含めて2枚だけ。
シャワーの時に洗濯して部屋干しします。
パジャマもかさばるので、日中着れるものを選びます。
女性はワンピースを持っていくと軽いしおしゃれができますね。
もし足りなかったら現地で買うのも思い出かな?

絶対忘れてはいけないのがメディキュットなどの着圧ストッキング!
飛行中のエコノミークラス症候群予防はもちろんのこと旅の疲れを癒すために、必ず持っていきます。
長さがあるので冷房対策にもなるかな。

洗面用具・メイク・衛生用品
ジプロックMサイズ3個18g
洗濯ネット31.5g
手ぬぐい34.5g
シャンプー67g
コンディショナー52g
クレンジング10日分25g
身体用石鹸4.5g
化粧水64g
乳液33g
日焼け止め35g
アイブロウペンシル5.5g
ハンドクリーム28g
コンタクト1day73g
目薬17g
マスク2.5g
歯ブラシ13.5g
歯磨き粉4.5g
虫除け80g
洗剤20.5g
洗濯バサミ4個14.5g
S字フック2個9.5g
ハンガー2本79g
エッセンシャルオイル(洗濯用に)28g
リセッシュ35.5g
くし25g

水って見かけによらず重たいんですよね。
化粧水や乳液などはトラベル用の小さな容器に移し替えます。
チャック式の袋に1回分入れてしまえばより重量を減らすことができますね。
ecoじゃないのであんまりオススメできないけど!

機内持ち込みできるよう、水っぽいものはジップロックに詰め込みます。
それ以外の小物も他のジップロックに詰め込みます。
本当は無印良品のフック付き吊り下げるポーチが欲しいな…と思うけどお金がないので家にあるもので代用です。
宿についたら買い物バッグにジップロックや着替えの服の荷物をいれてお風呂へGO。
s字ふっくを持参すればどこにでも引っ掛けられるので便利です。

旅先が夏場の東南アジアだったのでDEET含有虫除けスプレーを持参したのと、洗濯ありきの旅だったので洗濯セットも連れていきました。

室内干しの生乾きくささの対策としてエッセンシャルオイルとリセッシュを持参。
汗かきだし、海外旅行中でも匂いの対策はマナーかな〜と。

身体拭きのタオルは手ぬぐいでまかないます。

海外の水道水が綺麗かちょっと不安なので、大量のコンタクト1dayを持っていきます。
砂ホコリ対策で目薬と使い捨てマスクを用意しました。

ボディバッグに入れるもの
貴重品
パスポート34g
パスポートコピー2枚2.5g
証明写真予備2枚1g
eチケットのコピー
保険のコピー
財布
クレジットカード2枚
南京錠(スリ対策)
セキュリティポーチ(スキミング対策)

これだけあれば海外いけるよねグッズです。

ガジェット類
充電器42.5g
モバイルバッテリー●
バッテリーコード●
カメラ(携帯のカメラ機能が壊れているので)178g
カメラコード84.5g
イヤホン●

普段音楽は聞かないけど、今回の飛行機はLCCにも関わらずモニター付きだったのでイヤホン持参しました。

カリカリ梅
ポカリスエットの粉
個人的に食べたくなるから。

その他
正露丸(お腹弱いから)6.5g
痛み止め20g
ウエットティッシュ84g
ノート(ヨガ用)48.5g
ペン(ヨガ用)12.5g
腕時計20g
防犯ブザー(空港泊用)22.5g
日傘(日焼け対策)89g
帽子(日焼け対策)75g
アームカバー(日焼け冷房対策)54g
腹巻(冷房防犯対策)
買い物バッグ39g

今回の旅では海外の空港で一夜を明かすことが決まっていたので、冷房対策と防犯対策を万全にしていきました。
東南アジアの室内はガンガンに冷房きいてて、キンキンに冷え切ってます!
どのくらい寒いかっていうと、建物の外に出るとメガネが曇るくらい寒いです。
長袖がないと風邪ひきます。
私の場合冷え性なので登山用のダウンジャケットを持って行きました。
この防犯ブザーはリュックと私の腕をつなげるように設置し、誰かが引っ張たらブザーがなる仕組みです。

出来るだけ人目のある場所で休む予定ですが念には念を入れるべきだし、鈍感な私が熟睡してても絶対目覚めるはず。

▷関連記事
ドンムアン空港泊チャレンジ女性1人でも安全か?

持って行かなかったもの
ドライヤー
宿にあったので持参しませんでした。
これ重たいしね。

荷物が軽いメリットデメリット
総重量4kgの海外旅行は本当にメリット満載
メリット
肩こらない
ロストバゲッジの危険がない
飛行機やバス、タクシーやトゥクトゥクでの移動が本当に楽チン
トイレに気軽に入れる
預入荷物の行列に並ばなくてOK
時間を気にせず、ギリギリまで見て食べて動き回れる
荷物が少ないので忘れ物の危険がない

デメリット
お土産を大量に買えない
100ml以上のビールや液体を持ち帰れない
帰りのパッキングがぐちゃぐちゃになる(私だけ?)

くらいでしょうか?

さいごに
旅を満喫したいから必要なものは全部持っていこう!と意気込んでパッキングした割に、荷物が軽くて自分自身驚いてます。

パッキングでお困りの方の参考になりますように。
もの

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告