オンタイマッサージスクールを選んだ理由は? メリットデメリットとともにご紹介します。

こんにちは ものです。
「あ。タイにマッサージ習いに行こう〜。」
ふと思いついて単身チェンマイで修行してきました。

事前にネットで下調べしたけど学校選びが難しかった!
沢山ありすぎる!

数多ある学校の中でもオンタイマッサージスクールは、アットホームな雰囲気で本格的な技術が習得できました。
その魅力に惹かれた私が実際に通ってみた感想とメリットデメリットを赤裸々に語ります。

これから学校選びをする方、オンタイマッサージスクールってどんなところだろう?と悩まれてる方にオススメです。

メリット

・日本語で授業してくれる
・先生がいれば土日も授業可能
・授業料が安い
・旅行期間に合わせて授業日程を調整してくれる
「時間がないから今日残練なの〜」という人もいました。
・メールの返信が早い(1週間程度で返信あり)
他の学校は連絡無視したり授業料の返金に応じなかったり…。返事がくるのは信頼できました。
・1度習得したコースは以後何度でも受講可能。無料で!←廃止。昔はそうだったらしい。今はインストラクターコース(旧ティチャーコース)を取ると繰り返し無料で受講できます
・先生達の笑顔の写真がチャーミングだったから
・蝶豆ティー飲み放題
効果のあるバタフライピーが飲めます。
ホットです。
・ウォーターサーバーのお水飲み放題
・おやつが出る
お皿がバナナの皮!かわいい!
・たまにお弁当が出る
インストラクターコース(旧ティーチャーコース)の卒業生がいたらパーティになる!
ランチを振舞ってもらえます。しかも、めっちゃ美味しい!近所のおばちゃんがスパイスから作り出した絶品!見た目辛そうなメニューも外国人仕様で薄味に仕上がってます。フルーツもあってvegan対応もしてました。
・学校中綺麗
早朝から先生達が箒を持ってお掃除!
・旧市街に近い
他のマッサージスクールはチェンマイの田舎にあることが多かったです。
せっかく海外に来たのでちょっとだけ栄えてる場所で遊びたかったし観光もできたらな〜と。
あと田舎だとタイ料理が口に合わなかった時食べられるものがないかもしれないと不安だったので。栄えてたらコンビニがある!

デメリット

・隣のブースでは別コースの授業をしている。戸惑う人は戸惑うかも。
・日本語が話せない先生もいる

▷関連記事
英語タイ語わからない!オンタイマッサージスクールの教え方と授業中のやりとり公開


・実技中心。知識は習わない。
このツボは何に効くとかそういうのはあまり習いません。聞けば教えてくれます。座学だけのコースもありますが別途料金かかります。ので、解剖生理やツボなど自分で調べて覚える努力が必要です。

・クレジット払いは手数料3%必要なので注意。
タイバーツをたくさん持ってる人はいいけど、もしクレジット払いするときは気をつけてね。

・授業が早く終わる
これをメリットと感じるかデメリットと感じるかは本人次第だけど…。
16時まで授業と記載されていても15:30くらいには「今日はおわりね〜」って雰囲気になります。
さすがタイ。タイっぽい。
私は毎日頭パンパンだったので、「15:30おわり!?助かった!」と感じる人。
でも「授業料払ってるんだからちゃんと最後まで練習したい!」と思い人もいます。そりゃそうだよね〜。
そんな時は先生にきちんと「まだ練習します」と伝えれば大丈夫です。
日本人はあまり主張しないからゆる〜〜い空気感に流されやすいけど、練習したい時は練習したい、教えてほしいと伝えましょう。日本語で大丈夫です。先生もちゃんと教えてくれますよ。

実際に行ってみてどうだったか

全体的にタイっぽい、ゆる〜い感じで授業が進んでいきます。
オン先生はおしゃべり。
日本語英語多国語ベラベラですごい!
休憩時間は先生のショータイムです笑
いろんな先生がいるけどみんな親切で優しい。
食べ物屋さん教えてくれたり虫刺されの薬塗ってくれたり、「風邪っとぽい。喉痛い」と伝えれば特製のお薬を出してくれたり、学校以外で困った時にも助けてくれます。
オンタイマッサージスクールに通ってみて、デメリットは何もなかったな〜という印象。
純粋にたのしかった!
社会人になって、朝から晩まで授業を受ける感覚忘れてたな〜って。
懐かしい感じがしました。
もちろん日本と違うところもあるよ?
「はい休憩。10分ね」といわれても10〜20分休憩の時もあるし、「授業は16時まで!」って決まってても15:30に終わる日もあるし。
「先生明日休みます。ホリデー!」って言えば学校お休みしても大丈夫だし。
そんなゆる〜い感じがたまらなく素敵だな〜。
生徒さんも日本人だけじゃなくて、フランス、韓国、ヨーロッパ圏世界各国から来ててグローバル
私は日本語しか話せないけど、「ハロー」「サンキュー」だけで少しもどかしかったな〜。

つまりトータルでオンタイマッサージスクールは最高でした。

チェンマイに行く機会があれば是非行ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
もの

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告