英語タイ語わからない!オンタイマッサージスクールの教え方と授業中のやりとり公開

※手技のネタバレはありません。

みなさんこんにちは ものです。
急に思い立ってオンタイマッサージスクールに通いました。

タイ人の先生とどうやってコミュニケーションとったんだろう?
日本語しか話せないけど大丈夫?
先生ってどんな感じで教えてくれるんだろう?
え、ほんとに私理解できる?

こんなお悩みありませんか?
私も同じでした!
臆病チキン豆腐メンタルなので、ネット上であらゆる情報をくまなくチェック!
でも日本出国前は心臓ばくばく。
だってどこにも授業中の会話なんて記載されてないんだもん。

そこで、20日間チェンマイに滞在し、オンタイマッサージスクールで2つのコースを受けた英語ダメ人間の私が断言します!

オンタイマッサージスクールは、

日本語で大丈夫。
タイ語はサワディーカーとコップンカーだけ
ちょっとだけ英単語分かったら完璧。
困ったら日本人の先生と生徒さんが助けてくれる。

とてもあったかい学校でした。

タイ語は2つだけ

まずはじめに私は日本語と中学英語と中国語の「我是日本人」しか喋れない普通の日本人です。
でもタイに行くということで、タイ語を2つだけおぼえました!
がんばった!

コップンカー
(ありがとうございます)

サワディーカー
(こんにちはこんばんはお邪魔します)
だけ!

この二つを言うときはお辞儀と合掌セットでします。
以上終わり。


あのね、タイ語は基本なに言ってるか聞き取れませんでした。
むずかしいね。
でもオンタイマッサージスクールとチェンマイ観光では問題ありませんでした。
よかった。

少しの英単語と出川哲朗さんの積極性

さて、日本語で大丈夫!と断言しましたが本当はどのくらいの英語力が求められるのか。
具体的にはハンド、アーム、フット、ラインワン、ラインツー、ラインスリー。

これがわかれば大丈夫。
ね?大丈夫っぽいでしょ?
わからない人がいたら、今ググれば大丈夫。
すぐおぼえられると思います。

そしてもっと大事なのは、出川哲朗さんくらいの度胸、物怖じしない態度、積極性です!
みなさん、出川哲朗さんを思い出してください。
海外でもどこでも外国人相手にグイグイ話しに行く感じ。
すごいな〜。

お名前出してすみません。
でもチェンマイ滞在中「私は出川さん。私は出川さん。なんでも聞ける。OK」って自分を鼓舞してました。勇気付けられてました。勝手にすみません。ありがとうございます。

もう一度言います。
私は英語ぜんぜん喋れません。
でも大丈夫、なんとかなった。
聞けば先生も教えてくれました。

…ほんとに?
絶対本当に大丈夫なの?
とっても不安な方のために、もっともっと具体的なお話をしますね!
下記に私とタイ先生(日本語わからない)の実際の会話内容をご紹介します。

授業中の会話

日本語が話せる先生の場合

「ここが真ん中ね。ここ押すね。わかる?いいね、はい。次はこうするね、ここよここ!ここ大事、ね。手はこう、体はこっち、ね!いい?わかる?」
わかります!
めっちゃわかります!
実際に体の動きを見せながら身振り手振りで教えてくれるのでよくわかります。
まぁでも突然できるようにはならないので、その後繰り返し練習します。

日本語が話せない先生

まずはじめに先生が手技を見せてくれます。
次に私が見よう見まねでやってみます。
…できません。
でも大丈夫!
先生が左足、私が右足でやってみます。
…すぐには覚えられません。
でも先生はつきっきりでずーっと教えてくれます。
で、3回くらい繰り返したら「おぉーこんな感じか?!これでいいのかな!」と、なんとなく分かってきます。

肘をトントンってされて「ストレッチ!」って言われたら伸ばす。
「プッシュ!」と言われたら押す。
「リラッ〜クス」と言われたら力を抜く。
間違った手技をしたら「NO!!!」と言われるので「どうやってやるの?」と日本語で聞く→デモンストレーションしてくれる。
これであってるかな〜ってチラッと先生見たら「good good!」と言われるので、そのまま続ける。
私は物覚えが悪くて、特に実技がダメタイプです。とても時間がかかりましたが先生は根気強く教えてくれました。コップンカー。

「この技からもう一回練習したいです」は、
「●●ティーチャー!ここから練習したい!youモデルOK?」と教科書のページをトントンしながら問いかけます。
私の雰囲気をなんとなく察してくれ、たいていOKしてくれるので大丈夫。
「ここわからないです」は、
「●●ティーチャー!ここ教えて!プリーズ!meモデル!OK?」で教科書トントンしたら大丈夫でした。

まぁこんな感じです。
どうですか?
ね、大丈夫な気がしませんか?

管理人の英語力ひっくいな〜と思った人、正解です(笑)
でも大丈夫でした。

本当に困ったら日本人を頼る

オンタイマッサージスクールには日本人の先生がいます。
生徒も7〜8割は日本人です。
放課後はトレーニングルームで練習できます。
本当に困ったら周りの日本人に聞いてみましょう。
きっと助けてくれます。

さいごに

オンタイマッサージスクールは世界各国から沢山の生徒さんが集まってきます。
そのため先生達も英語や日本語の勉強をしてくれています。
すごいですよね〜!
そんなおかげで私は無事マッサージ留学を終えることができました。

英語もタイ語もわからないけどオンタイマッサージスクール興味あるな〜という方のお役に立てますように。
さいごまでご覧いただきありがとうございました。
もの

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告