ベーシックコース5日間の心境。経験皆無の私がどこまでできるようになるのか。

こんにちは ものです。

急に思い立ってチェンマイへ。
オンタイマッサージスクールでタイ古式マッサージを習ってきました。

スクールではベーシックコース 4,000Bを受講。
(インストラクターコースではありません)


ほんとに5日でおぼえられるの?
ほんと?嘘じゃない?だまされてない?
高い授業料払ってうわべだけさらっと流す程度だったら許さないぞ!

マッサージ・ヨガ経験会務の私が通った結果、5日できちんと習得できました。
本当です。

良かったら私の日々の感想をご覧ください。
あの。おバカな感想をそのまま書いてるので参考にならないかもしれません、すみません。

はじめに

オン先生は「放課後練習しちゃダメ!観光観光美味しいもの食べる!寝る!せっかくチェンマイきたのに!たのしんで!」と言ってくれました。
他の先生もそう言ってました。

医学的根拠はありませんが、マッサージをやりすぎると身体に良くないという考え方らしいです。

わたしは怠け者なので、そのゆる〜い考え方に同調して、ゆる〜く日々を過ごしました。
テスト前は頑張ったけどね!

1日目

授業中

え〜なんかセラピストっぽい動きしてる〜!
ほんとにマッサージ習ってるんだー!
すごーい。
たのしー!

放課後

え、ちょっと待って細かいところはわからない。
今日の流れはわかった。だいたい覚えた。
けどちょっと心配かな…。
んーまいっかあと4日もあるし。
学校のみんなで夜ご飯いこー!っと。
帰宅後テキスト見ようと思ったけど就寝。
時差ボケでとても眠かった。

2日目

授業中

んん、なんか押したり引いたり忙しいな。
足どこに置くんじゃい。
ロック?ロックってここを?

あれ、5日目ってテスト日なの?
えじゃああと2日しか練習できないってこと?
あれ〜?やばくない?
え、今日のとこわからないちょっと待って。
手と足がいろいろ動いて混乱。
パニックパニック。プシュー。

部分的に覚えた技もあれば、すぐにはできない技もあって。
先生に「手はここ足はここ、ここ押す!」と手取り足取り言われて初めてできる技も多くありました。
繰り返し練習。

放課後

なんか疲れた。ねよ。17時就寝。
たぶん、ヨガもマッサージも受けたことないし施術したことなかったので、急に血流が良くなって眠くなったのかな〜?
とってもよく眠れました!

3日目

「寝てしまった!」という絶望しかない。
とりあえず練習して練習してイメトレして練習。
今日も新たな技を教えてもらいます。
テストってテキスト見ながらできるんだ!よし!めっちゃ書き込んでやる!
「先生ここどうだっけ?」
「you モデル!show me!」
先生が実践してくれるんだけど気持ちよすぎて
私夢の中…。

放課後

もうね、いいんじゃないかな。頭の中疲れた。
テキスト見なくても次の動作が出来るようになってきた。
たまに忘れて「Nooooo!!」って言われるけどね。
ただ、お客さんが気持ち良いのかはわからないな〜
あくまで流れと体位(手の向きやツボの位置等)を覚えるのに必死って感じです。
何はともあれご飯。
甘いものが食べたい。
甘そうなジュース飲む。

4日目

最後まで習い切りました。
他の人は3日目で全部習い切ったらしい。
私は実地苦手だから時間かかった!
でもあとは練習あるのみ。
細かいところは暗記できてないけどテキスト見ながらできるから大丈夫っしょ!たぶん。

放課後

スクールのみんなで飲み会!
わたしはお酒が苦手なのでピュアコーク
イメトレ?練習?
全くしてないですが眠いので寝ます。

5日目

あれ?昨日習ったところ忘れちゃった。
先生に「nooooo!」っていわれる笑
午前中は本気で練習。
ランチタイムもテキスト見てイメトレ…。
急に不安になってきた。
午後1番でテスト!
合格もらえました。

テストの感想

テストは先生に施術します。
日本特有の試験場の独特な静けさはなし。
先生同士おしゃべりしてたりうとうと眠ってたりタイランドっぽい。
テキストに甘えてめっちゃ見た
先生は携帯触ってるように見えたけど
でもテストも見てる
「そこ違うよー」
「手の向きはこう!」
指摘されながらなんとかテスト終了。
先生の髪の毛引っ張っちゃったし間違えて乳を触ってしまったけど合格できました。


(タイランドの女性はみんなマシュマロボディでグラマラス(うらやましい)なので、本当に気をつけないとうっかり当たってしまいます。先生によっては不合格にする事があるので要注意です!)

率直な感想

5日間で技は習得できます。
ここ押した次はこっち押すみたいな流れも覚えることができます。
練習中テキストにたくさん書き込んでおけば帰国後も施術可能です。
先生もしっかり教えてくれます。


でも『完璧に施術する』のは難しいなと感じました。
なぜなら身体つきが一人一人違うから。
日本人と外国人、女性と男性で筋肉のつき方や体格が少し異なるので、ベストな位置を探して指圧するのは難しいです。
とくにグラマラスだと筋肉の境目がよく分かんなかったり。


そのほかにも、力加減の好みは千差万別。
自分はハードで指圧してるつもりでもお客さんには物足りなかったり、ソフトで指圧してもお客さんには痛すぎたり。初心者がたった5日間で力加減まで習得するのは難しかったな〜。


スクール卒業後も練習をつづけてはじめて自分のものにできるって感じました。
事実、先生は遠目に見ただけで押す部位(ライン)をズバリ当てていたので私もそのようになりたいです。


あと、帰国後毎日練習しないとすぐ忘れるな〜と思いました。
事実、日曜日1日休んだだけでも記憶が混乱するし、他のコースを学んでいる間練習しなかったら忘れてしまいました。(テキスト見れば施術可能)
体に染み付くくらい練習しなきゃすぐ抜けちゃいます。

ベーシックコースはマッサージの入口

オンタイマッサージスクールの先生たちはこのコースに合格したら完璧!とは思っていません。
オンタイマッサージスクールで『習う』ということは、セラピストの入口。
あくまできっかけ作りの基礎を習ったということです。
卒業後も練習してほしいなって先生が言ってました。

わたしも練習続けてみんなにhappyになってもらえるよう頑張りたいです。
もの

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告