身軽に行く一泊二日国内旅行!女性ミニマリスト見習いの持ち物リスト

こんにちは ものです。

「あ、小籠包食べたい」
食欲の赴くまま横浜は中華街に行ってきました。

風の吹くまま気の向くまま自由に動ける一人旅がだいすき!
回を重ねるごとに荷造りも慣れ、アイテム選びも洗練されてきました。

モネのイベントも見にいきました!@横浜国術館

「みんな何持っていくんだろう?」
「 女の子って必需品が多くて大変!」

荷造りで悩む貴女のために、女子一人旅歴8年のミニマリスト見習いがバッグの中身を公開します。
少しでもお役に立てれば幸いです。

一泊二日国内旅行の持ち物

おやつと傘いれるの忘れました…。
  • 財布
  • スマホ
  • スマホの充電器
  • モバイルバッテリー
  • Tシャツ×1
  • 下着×1
  • 靴下×1
  • 手ぬぐい×1枚
  • 水500ml
  • おやつ
  • 日焼け止め
  • メイクポーチ(櫛リップクリーム口紅アイブロウ)
  • ティッシュ
  • 絆創膏
  • くすり(酔い止め下痢止め)
  • アクセサリー(イヤリング腕時計)
  • 雨晴兼用折りたたみ傘
  • お買い物バック

貴重品とガジェット類

女子一人旅の必需品はグーグルマップ。
でも電池がすぐ減っちゃうのが難点なんですよね。
いざという時携帯が使えない事態を避けるため、一泊二日でもバッテリーは持参します。

しわにならないトップス、下着、靴下は着替え用として1セット用意。
ボトムスは二日間同じものを履きます。

着替えの荷物はこれ一個。
丸めるとコンパクトですね。

iPhoneと比較してみました

手ぬぐいも入れておけばこれでお風呂グッズ完成です。
手ぬぐいはハンカチ代わりとしても使えます。

水とおやつ

旅先ではグルメを満喫したい!と思っているのですが、悲しいかな。
旅に出るとお腹を壊す派なので小量しか食べられず。

小腹が空いた時にちょこっと口に含むお菓子は必ず持参します。

おすすめはドライフルーツやナッツ。
腐らないし、カバンの中でボロボロに押しつぶされる心配がありません。

コスメや薬など

すべて入れると丸くなってかわいい

万能巾着ポーチにコスメや日焼け止め、薬やアクセサリーが入っています。
小ぶりに見えて以外に入る優れもの。
普段からこの巾着セットは持ち歩いています。

不潔?

「女性なのに清潔グッズが1つもないの?
ミニマリストって不潔なの?きたな!!」
と思われた方、ご安心ください。

今回のホテルは女性プランで予約を取っていたので化粧水・乳液・クレンジング・洗顔料のミニボトルをプレゼントしてもらえました。
良質なKOSEさん

しかもフロントでお願いすればTSUBAKIのシャンプーも借りることができました。
歯ブラシはホテルのアメニティを使い倒します。

もしアメニティがなければ

格安素泊まりプランやドミトリー等アメニティがない場所に泊まることもあると思います。
その時はパックを1つと古くなった歯ブラシを持っていきます。

追加の持ち物

  • パック
  • 古くなった歯ブラシ

1日~2日化粧水塗らなくてもパックで代用すればきっと大丈夫。
此処ぞとばかりにお高めのパックを使い切り、歯ブラシも捨てて帰りの荷物を減らす作戦です。

総重量

一泊二日分の荷物の総重量は1kgです。
これなら一日中連れて歩いても負担になりません。

旅は自由が一番。
計画を立てるのが苦手なのは秘密

荷物が大きくなるとコインロッカーを探したりホテルに預けたり。
お金も手間もかかるなーと思ってて。

お砂糖一袋分なら気の向くままに、フットワーク軽く持って歩けます。

バッグの種類は?

コンパクトなのでショルダーバッグやトートバッグにはいります!

はいりますが、リュックを愛用しています。
個人的に両手が空いてるほうが好きなのと、お土産を手に持って移動すると絶対に置き忘れるのでもっぱらリュックに詰め込みます。

座った時に前で抱えて抱き枕にするのも実は好き。

▷関連記事
ミニマリスト見習いのバッグは5つ

不要だったのも

今回の旅行後に不要だったものを見直しました。

・折りたたみ傘→晴れ時々曇りだったので
・お買い物バッグ→土産をそんなに買わなかった

この2点は使わずじまい。
次回はきちんと天気予報をチェックしたうえで荷造りしたいと思います。

荷物は軽いのが一番

だいすきなのは街歩きがメインのひとり旅。
あまり重すぎると肩が凝ってしまうので荷物は最小限にしたい願望強め。
ちょっとでも軽く、ちょっとでもスマートに。

女子旅といいつつ女子力ゼロなグッズばかりで本当にごめんなさい。

でもほら誰も私のことなんて見てないし、コスメよりも笑顔が一番!という謎の根拠の元、一人旅楽しんでます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
もの

▷関連記事
荷物軽量化チャレンジ!ミニバッグ1つで国内日帰り旅行へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告