ミニマリストが冬を前に冬服を捨てた話

灼熱の真夏日も少しづつ和らぎ、朝夕に冬の訪れを感じるようになってきた今日この頃。
来年も着たい服に目星をつけるべく、クローゼットの中身を点検しました。

来年も着たい夏服

白Tシャツ/champion

下が透けない白Tシャツを探し回ってやっと出会えた一枚。
夏の間、結構な頻度で来ていたので少しくすんだかな?目の錯覚かな?
リュックを背負うので背部に若干毛玉ができた気がしますが、でも今は愛着があるので捨てません。

今年の夏で捨てる服

ピンクロングスカート/ユニクロ

テロテロ素材のロングスカートでした。
色も形も可愛くて大好きですが、自転車の車輪に絡まるんです。
夏の間に3回以上引っ掛けました。
裾のあたり、よく見ると黒く油汚れが付着して取れない!

油で汚れた部分を何度かカットし裾直しもしてきていましたがやっぱり自転車に引っ掛ける。

私の好みでしたが生活に合わなかったようです。

白花柄ノースリーブ/不明

皆様さまお気づきかもしれませんが、ノースリーブの服、好きです。
この白いノースリーブにピンクのロングスカート+麦わら帽子のスタイルが本当に可愛くて大好きでした。

しかし6年以上着てきたので裾の方にほころびが。
色身もどことなく薄黒くなってしまいました。

去年は捨てがたかったので、今年沢山着て捨てることとしました。

水色花柄ワンピース/アース ミュージックエコロジー

こちらも大好きノースリーブ。
でもこの甘い服が似合わなくなってきました。
少し子供っぽい気がして、今年を最後にさようならします。

青ストライプシャツ/不明

衝動買いした一枚。
試着をして似合うと思ったんです。
1000円でした。
でも首周りが広くてかがむ時に気を遣うことが分かりました。
疲れる服はあまり着たいと思えず手が伸びなくなったので、綺麗ですがさようならします。

グレーチュールスカート/不明

ふんわりした形が好きでここ数年間ずっと着ていました。
なんにでもあう万能服です。

しかし、洗濯の時にウエストが引っ掛かり裂けちゃいました。
されでも好きで着ていたのですが、やはりみすぼらしい。
遠目では気にならないけど、近くで見ると所々断線してきたので残念ですがさようならします。

冬を前に捨てる服

こんなの持ってたっけ?見直しをすると忘れかけてた服が出てきました。

カーキシャツ/不明

小学生のころ近所のお姉さんからおさがりで頂いたもの。
かれこれ10年以上前?
物持ちいいでしょう^^
固めのパリっとした生地が特徴的で、あまり風を通さず秋冬にもってこいの一枚でした。

しかし時が経つにつれて色褪せ、ほつれが顕著に。
お姉さんありがとうございました。
大変長らく愛用させていただきました。

ギンガムチェックシャツ/ローリーズファーム

誰でも簡単!コーディネートのお手本!的な雑誌の記事を読んだときに欲しなって購入した一枚。
確かに着回せるし着まわしましたが、なんだか好きじゃないな…と思いつつ着ていました。
たぶん、マス目が小さくて目がちかちかする。
マス目が小さいので、全体的に黒く見える。
この二点が苦手な理由だと気が付きました。
モノトーンの色合いは好きなのでもう少し幅の広いアイテムと出会うことがあれば購入も考えたいです。

残した冬服に思うこと

紺ノーカラーコート/Vis

セール期間中に3000円程度で購入。
シンプルでフードも取り外せて暖かい。
カジュアルにもフェミニンにも着ることができるので大変重宝しました。
ですが2年たったいま毛玉が…。
さすがポリウレタン。

購入時の高級感はピカイチ。
でもやはり経年劣化が激しいですね。
新たに気に入るものがあれば買い替えてもいいかもしれません。

トレンチコート/a.v.v

古着屋さんで購入。
春秋のスタイルアップに欠かせません。
ボーダー+黒スキニー+赤アイテムあわせればパリジェンヌ風コードの出来上りで可愛いですよね。今からわくわくします!

Gジャン/GAP

青みの強いものが欲しくて1年間さまよった結果、やっと見つけた一着。
本当にお気に入り。気が付いたらこれ羽織ってる気がします。
これから寒くなってくるからドンドン着ていきたい。

長袖ボーダーシャツ/無印良品

首元のボートネックがお気に入り。
生地もあつくて肌寒い時期にぴったりです。
どこがいいって言えないですが好きで着たい服です。

ダウン/The North Face

登山用に買った高性能ダウン。
中に羽毛が入っているそうです。
コート下に来ても着ぶくれしないので真冬に重宝しています。

服を虫から守るために

うちにはヒメマルカツオブシムシ(以下ヒメちゃん)が潜んでいるので、来年また着る日まで虫食いの被害にあわないよう、以下のお手入れをしてから引き出しにしまう予定です。

詳しくは『嘘はつきません!ヒメマルカツオブシムシ駆除記』をご参照ください。

自分の備忘録として書き残しておきます。

洗濯
↓引き出しをアロマ水で拭く
↓高熱処理する(乾燥機で乾燥させるor乾燥後アイロンを当てる)
↓アロマ紙を間に挟む
↓防虫剤をいれる
↓冬の期間月に一回は洗濯
上記を繰り返します。

来年もこの服を着て笑って過ごしたいです。
ちょっと手がかかりますが頑張ります。

捨てると決めた服の行き先は

さようならする服は古着屋さんへ寄付しました。
その古着屋さんでは販売できないと判断された服(綺麗出来ることができるもの)を無償で被災地や海外へ寄付しているそうです。

本当はまだ着ることができるのに捨てるなんてもったいない…。
日本人的な思想も心の奥にあるのでリサイクルの場があれば手放しやすいですね。
また新しい持ち主のもとで大切にしてもらえますように。

まとめ

今回の点検で7枚の服を捨てることになりました。
冬服は少ない購入しなければいけませんね。
秋のうちにしっかり吟味して素敵な一着を迎え入れたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告