大人で38度越えの熱はしんどい。一晩で風邪を治す方法と豆知識

こんにちは ものです。
急に寒くなって寒暖差も激しくてそろそろヤバイかなーと思っていたら案の定熱が出ました。
普段なら微熱で済むのですが今回は環境の変化とか色々重なったせいで38度越え!

明日は仕事。穴は開けられない。
もうこれは気合で治すしかない!という事で年に3回は発熱する私が最もオススメな風邪の治し方をご紹介します。

風邪の治し方

1.水分摂取

水、白湯。スポーツ飲料水この辺りを2lほど飲みます。
体温上昇に伴い汗を掻くとあっという間に水分が失われていくので積極的に水分を摂りましょう。
我慢すると膀胱炎の元なのでトイレも適宜行きましょう。

2.喉ケア

風邪をひくと喉が腫れて声が出なくなる。
しかも長引くタイプなので喉のケアは必須。

スカーフやマフラーで喉を温めます。
マスクで乾燥を防ぐ。
加湿器で室内に湿気をプラス。
そしてビタミン摂取。
はちみつレモンやゆず生姜等、体が温まって喉にいいものを摂取します。

これ美味しい、好き

3.食欲があれば何か食べる

お粥やうどんなど消化に良い物がいいとは思います。
でも一人暮らしだとしんどいのにご飯の準備なんてできない。
そんな時はなんでも良いので口に運びます。
そして早めに4番に移ります。

4.ひたすら寝る

携帯がなろうとドアホンがなろうと絶対起きない。
寝る。
ひたすら寝ます。
風邪をひくと言うことは体のどこかにガタが出ている証拠。
何よりしっかり休んで〜!
これに尽きます。

豆知識

人間の体にはセットポイントといって、熱が最大値まで上がると次は下がる機能を持っています。

ガタガタ寒気がきている時

熱量が足りないのでガタガタ体を震わせることで熱生産を促しています。
電気毛布や服を着込むなどして体を温めましょう。
この時、熱が出てるからといって体を冷やしすぎてしまうと逆効果。
風邪を長引かせてしまう原因になるので気をつけてください。

汗をかいてきた時

セットポイントに達し始めると汗が出てきます。適宜服を着替えましょう。
ここからは解熱の一途を辿ります。

なぜ私は解熱剤を飲まないのか

熱が出た時、人間の体はウイルスと戦っている真っ最中。
解熱剤で熱を下げると言うことはウイルスとの戦いを長引かせる原因になってしまいます。
ガッと熱を高めてずっと風邪が引くことを理想としてるので解熱剤は飲みません。

ただ、何も飲めない・食べられないと言う場合には解熱剤を飲んで少しでも、栄養を摂取した方が早く治ると思います。

まとめ

水分とる、栄養とる、喉守る、寝るこの4つが私のオススメする風邪の治しかたです。

しんどい時に難しいことなんてできません。
何事もシンプルに。
人間の体は自然治癒力を備えています。
自分を信じてひたすら体を休めましょう。

もしあまりに長引く、しんどいようなら他の感染症を併発しているかもしれません。
無理せず早めに医療機関を受診してくださいね!

くぅ〜健康になりたい!
次は体作りから勉強しようー!
(以上、心の声)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
もの

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告