day6~day13尖圭コンジローマ治療記録

こんにちはものです。
今週のコンジローマ治療記は『痛み』との戦いでした。

day6〜day9

塗り忘れることなくベセルナクリームを続けていました。

なんか違和感day10

day10あたりからベセルナクリーム塗ってるあたりがチリチリ痛くなってきました。
塗ったなんか痛いかなー?くらいのチリチリ感がありました。
でも塗ってしまえば後は大丈夫。
お湯で流したら違和感無くなるし、
「ベセルナクリーム効いているのか〜」なんて楽観視してました。

…この後の悲劇を予測できないなんて自分バカ。
今おもえばほんと愚か者です。

ちなみに私のコンちゃん 発生部位はここ(☆部)

小陰唇の内側?に2箇所
小指の爪サイズが鎮座してます。
コンジローマ だけにベセルナクリームを塗りたいのですが、足を閉じると小陰唇も閉じちゃって必ず尿道口に接触不可避な位置なのです。
憎いぜ、コンジ。

心の葛藤day12

激痛なんですけど!!!
やばいやばい
歩くだけで擦れて痛みがある。
排尿時とかまじで悶絶!
なにこれマジでやばいんだけど!
汚い話で申し訳ないけど、「よし、いくぞ。よし、頑張れ自分。よしよしよーし!!」って覚悟決めないと排尿できない。本気で痛すぎる。

痛くなった原因

1.コンジローマ が尿道口付近にできた
2.ベセルナクリームで尿道口付近がただれた

さて。どちらでしょうか。
ぱっと見、ザラザラしてるし2番な気がしなくもないのですがとにかく痛い。

day12続き

軟膏ぬる?
え、まじで軟膏ぬるの?
ほんき?
頭おかしいんじゃない?
え、ほんとにぬ?る?塗っちゃうの?
いやマジで無理なんだけど、いやほんとにヤダ
いや?え?
むりー!!!

……いや、待て待て待て。
いやまて、落ち着け私。
もし、塗らなかったと仮定しよう。
コンちゃん治らない。
治らないよね、うん。
それはヤダだな。うん。
塗る?
……塗らなきゃ、だよな。うん。まだベセルナクリーム塗り始めて6回目だもんな、うん。
塗るべきよな、たぶん。

よしわかった。
痛いから、塗布時間短くしよう。
今まで早く効いて欲しくて10時間塗ってたけどそんなの無理。
いま10時間塗ったら死期がみえる。口から魂抜ける。
6時間にしよう。うん。
塗り塗り。イタいけど塗るのはまだ我慢できる。
問題はトイレ
6時間後のトイレ…ファイト…。
そのまま寝ました。

地獄のシャワーday13朝

恐怖の朝がやってきました。
寝返りをうてば陰部が擦れてすでに半泣き状態。
これは実行しなくてもわかる。
今からシャワー?
頭おかしい。
絶対やばい。

…とはいえグズグズもしていられません。
6時間経過したので早く軟膏を洗い流さなければただれが酷くなってしまいます。

しぶしぶお風呂へ。

あったかいお湯のはずなのに足が震える。
「………。
ぐ、うああ、あわあ、わあわあわあわあ!!」

お湯+石鹸洗浄で無事洗い落としました。
真っ白に燃え尽きたよ。

鏡で見ると陰部が腫れ上がっていて、「こりゃ痛いわな。」って1人納得。
で、この後トイレいって完膚なきまでに叩きのめされました。
私こんなに痛みの閾値低かったっけ?

軟膏お休みday13夜

陰部が痛過ぎて排尿のたびに息ができなくなって、最後には尿が出なくなってしまい、
「もう〜無理!ほんと限界〜!!!!」
ってなったので勝手に1日お休み増やしちゃいました。

普段火木土に塗ってたので、日月火お休みして次の水曜日の夜に再開してみます!
痛みがおさまれば原因1だし、軽減されれば原因2だし、とりあえず様子見よう。

*本来なら主治医の診察を受けて軟膏の継続の可否を判断してもらうのが1番
良い子はマネしないでね(笑)

まとめ

以上、今週のコンジ治療記録でした。
ふぅ。治るのかこれ。
気が滅入ります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
もの

▷関連記事
day1~day5尖形コンジローマ治療記録
day14~day24尖形コンジローマ治療記録

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告