どんな痛み?親知らずを抜いたレポ①抜歯前に用意した方がいい物リスト公開

こんにちは ものです。
この前、右下の奥歯を抜きました。

たびたび炎症を起こして激痛だったので、「これで痛いのとお別れできるぜ!」と意気揚々近所の歯医者さんを訪れるも「うちじゃ抜けません」と断られ、大学病院の口腔外科で晴れて奥歯を抜いてきたので、抜歯体験談を書きたいと思います。

長いので2回に分けますね。よかったら下記もご参照ください。

▷関連記事
親知らずを抜いたレポ②抜歯後ドライソケットになりまして

抜歯1日目

初診受付で診察券を作ってもらい、
レントゲンで神経の位置、奥歯の形を確認。

歯の根っこが神経に近いとのことで先生より腫れ・しびれ・麻痺のリスクがあるよ〜と説明を受ける。
「はい、はーい」と同意書にサインしていざ抜歯。

綿棒につけた表面麻酔である程度感覚を無くしてから局所麻酔の注射を歯茎に刺す。
これはそんなに痛くなかったです。
一度炎症を起こしたことがあると麻酔が効きにくいらしく、適宜追加でうってくれました。

いざ抜歯へ

耳元で響くゴリゴリ、ミシミシといった音がこわい.

痛みは全く感じないんです。
でもほんとうに怖い!

口のなかで何が起こっているか分からなくて想像するのですが、ゴリゴリ、メキメキ、ミシミシといった音がまじかで聞こえるのは道の体験過ぎてひたすら恐怖でした。

ゴリゴリ鳴り響くってそうそう経験ないですよね。

改めて言いますが、痛くはなかったです。

先生曰く「歯の根っこがうまく取れなかった気がする」という理由で本日2回目のレントゲン。

なんと歯の根っこが4股に分かれていたらしく、1回目のレントゲンで映らない裏側の根っこがいびつな形(アルファベットのJ型)だったらしく再度縫合を外して抜歯再開。

抜歯再開

抜くのにめちゃ時間がかかる。

本当に時間がかかる。
めちゃめちゃ骨ゴリゴリ削られる。
耳元ですごくメキメキ鳴ってる!

振動と謎のメキメキ、ゴリゴリして音で、削りがダイレクトに伝わってくる。

「私のホネ…削られてる。」なんとなくそう思った。

なんとか終了。
難渋した根っこは吸引機に吸われたらしく、一部分がかけた奥歯をもらいました。
「私の歯、歯っぽい形してるじゃん!」と笑ってしまった。
それがこちら

ちなみにこの時点で麻酔から2〜3時間経過。

会計

病院の会計待ちって長いですよね。
先生が氷くれたけど溶けてしまった…。

次は薬局

こちらも長蛇の列

処方箋を渡す際に会話をしなければいけなくて、噛みガーゼを外した。
再度噛み直したら当たりどころが悪かったのか飛び上がるほど痛く、そののちジンジンと激痛が走るようになってしまった。

ここからが本物の悲劇

血液混じりの唾液が口腔内にたまり、あまりの気持ち悪さにトイレと待受の椅子を往復。
次第に増悪する痛み

どんな痛みかって?

椅子に座っているだけでおでこ、背中、身体の毛穴という毛穴から脂汗が出る感じ!

もうすでに「ここが痛い!」とピンポイントで言い表せる次元は超えていて、全体的に痛い、どこが痛いのか分からないけど痛い、気持ち悪い、気分が悪い、今すぐ横になりたい、なんなんだこれ、やばいやばいやばい意識遠のく…。

痛すぎて声も出ず、軽く唸ってたかも。

周りから見たらおそらく本当に変な人だったと思います。

こんな時は少しの待ち時間が2時間3時間に感じてしまう。
(実際は30分待ち)
待てどまてど手に入らない痛み止め

もう本当に息ができなくなって、自分のドクドク早鐘を打つ心臓の音しか聞こえなくなり、こりゃダメだと冷えピタ購入。

どこの重症患者だと思われるくらい大げさに首部〜耳介〜眼下〜鼻横〜下顎の広範囲に冷えピタ貼用。

少しずつ気が紛れてきた。
そして手に入れる痛み止め
この時点で麻酔から5時間経過。

こんな状況下でお腹空かないし口開かないし、とにかく痛すぎるので多量の水とともに痛み止め内服。

血の味が混じって気持ち悪いけど痛さには変えられない。

抜歯部位を刺激しないように、痺れていない方の唇から血をティッシュに出す。

アクティブではないもののうすーいピンク色の唾液がダラダラと出続ける。
どうやらまだ止血はしていないらしい。

痺れている方は口の締まりが悪いので、定期的にティッシュで口を拭かないと気付いたらヨダレ垂れ流し。

帰宅→就寝

家に直帰して枕にバスタオルを敷き、口元を新しいティッシュで押さえた。
朝カバンに入れた新品のポケットティッシュは空になっていた。

なんとなーく喉の痛みを感じながらベッドへ横になりそのままいつの間にか寝てしまった。

起床

そして起きてびっくり!
バスタオルが血の海(薄いピンク)
慌てて唾液をティッシュにだしたが、こちらは透明。
どうやら寝ている間に止血できたらしい。

痛みもなんとなくなくなってきた!
そしてお腹が空いたので買っていたアロエヨーグルトを食べ…れなかった。
だいすきなアロエが口に入らなかった!
そう、私は指一本分しか口が開かないのだ!

ショックすぎる。
痺れていない左側からヨーグルト部分だけ口に運ぶ。

だいすきなアロエだけが無残にもカップに溜まって行く…。かなしい。

麻酔から6時間。この頃になると唇の痺れはだいぶ取れたが、創部側舌の痺れが残っていた。
動かそうとすると痛みがあり、そもそも舌を左右に動かすという動作ができなかった。
食べ物はなんとか喉まで送り込めたがなんとも不便であった。

ドライソケットがこわいのでかるーく口をゆすぎ、寝る前までほっペタに冷えピタを貼った。
痛み止めは約6時間おきに飲まないと痛くてたまらないことがわかった。

抜歯2日目

疼痛で目覚める
なるほど、最後に痛み止めを飲んで6時間経過している。
喉が痛い
唾液がピンク色
口を開けて寝る癖があるので喉口腔内が血で乾燥しているようだ

おかゆを食べる
うがいをして
マスクをして寝る

おきる
お昼ご飯を食べる
アイス
冷たくて喉が癒される!

なんとなく倦怠感はあるが、おかゆ生活に飽きたので食べ物を買いに行く。
図書館にも寄ることができた。
6時間ごとの痛み止めは忘れず内服。
ネットサーフィンして入眠。
痛いけど洗濯物、食器洗いなど家事は普通にこなせました。
一日中気だるさはあるも腫れは全くなくて先生ってやはり上手なんだな〜と思った。

抜歯3日目

仕事でした
鎮痛剤を飲んだけど、家よりも喋るので地味にズキズキする。
6時間毎に痛み止め内服
終業後頬がやや腫れました。
喋りすぎたかな?

抜歯4日目

受診日。先生に洗浄してもらう。
生食がしみた。

痛み止めが8時間おきで良くなった。
口が開くようになった。

(このあとアロエヨーグルトを買いに行った!)

奥歯の当たりが糸に引っ張られる感覚?突っ張る感覚?がある。
この頃になるとほぼなんでも食べられた。

抜歯5日目

今日の食事は食パン、天津飯、うどん。

痛み止めを飲めば意識することなく仕事に取り組めます。
そもそも仕事が忙しくて歯のことは忘れていたかも。
つまり痛み止めを飲めばそんなに痛くなかったんです。

ひとまず抜歯5日目までのレポートでした。

抜歯前に準備しておけばよかったもの

今思い返して、これだけは準備したいものを書き出しておきます。

  • 痛み止め
  • 冷えピタ
  • ゼリー・プリン・ヨーグルト

痛み止め

誰がなんて言おうとこれが一番大事だった。
これがないと生きていけない。

いや本当に本当に痛いから。

特に麻酔が切れた時の激痛度合い半端ない。

先生も処方してくれるとは思うけど、私のようにお会計で時間がかかる人もいると思います。
市販の痛み止め一錠でもいいから持ってればよかったな〜と。痛切に!

もう一度言います。

これだけは忘れちゃダメ。絶対。

冷えピタ

腫れ予防に最適。

きっと保冷剤でもよいと思うけど寝てる間にずれたり溶けたりしちゃうかな。

冷えピタならずっと張り付いててくれるので安眠できました。

ちなみに頬を冷やしてよいのは抜歯した日の眠前までです。

「2日目も冷やし続けると血行が悪くなり治りが遅くなるので、冷やすのは初日だけにしてください。」と先生に言われました。

創部以外、たとえばおでこ等は2日目〜も冷やしてもよいそうです。

(おばあちゃん曰はく)一昔前はずっとひやすのが主流だったらしいですが、医療も進歩してるんですね。

ゼリー・プリン・ヨーグルト

食欲ないけどなんとか食べられるもの、そう流動食。
抜歯初日は痛い噛めないベロ動かないので、ある程度形があって喉までするっと入るものが食べやすかったです。

2日目以降はうどん、素麺、おかゆ、食パン等柔らかいものから挑戦。
暑すぎるものは温度に注意して、ゴマや米粒は奥歯の穴に挟まりやすいので要注意。
痛みに応じて硬いものも食べてみました。

まとめ

以上抜歯初日〜5日目までのレポートでした。
麻酔切れた後は生きた心地がしないので早めに痛み止め飲みましょうほんとに!ほんとに!

▷関連記事

親知らずを抜いたレポ②抜歯後ドライソケットになりまして

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告